TOP >> スギ花粉に舌下免疫療法

スポンサーリンク

舌下免疫療法とは

これまでの花粉症は、内服がメインの治療だったが、これはあくまでも対処療法であり、症状を抑えるだけだった、そのため内服するような対処療法では、毎年飛散する花粉を、季節が到来する度に薬を飲み続けなければならないというデメリットがある。

そこで、新しく開発されたのが、舌下免疫療法という治療法である。

これは、ベロの下に杉の花粉エキスを垂らして行う治療法で、これまでメインで行われていた注射により、直接スギ花粉のエキスを体内に注入する免疫療法とは大きく異なる方法である。

 

舌下免疫療法のメリット

注射の欠点は、やはり痛いということと、自宅で行うことができないので、通院し続けなければならないということである。

舌下免疫療法ならば、痛みもなく、ベロの下に杉花粉のエキスを垂らすだけなので、通院の必要がなく、自宅で治療ができるのである。

まだ始まったばかりなので、多くのデータはないが、治験での効果では、かなり期待できるとされており、また副作用という観点からも、注射の場合、どうしても直接花粉のエキスがカラダに入るため、ひどい人はショック状態になったりし、緊急の処置が必要になる場合があった。

ところが舌下免疫療法なら、直接ではなく、粘膜の上にエキスを垂らすため、痛みもないし、なにより治療がやりやすい。

 

舌下免疫療法の治療方法

治療の仕方は、最初は薄い濃度から始め、2週間かけて徐々に濃度を強くしていき、3週間目に維持療法として、そこまでに副作用がなければ、毎日自宅で行うことになる。

注射とは異なり、痛くもなければ、副作用が現れればすぐに中止することができるため、かなり不安を解消することができることと、なんと言っても、治療を自宅で行えるというのが、最大のメリットではないだろうか。

 

舌下免疫療法のデメリット

良いことばかりのようではあるが、問題は治療期間が長いということで、3年を目安に行わなければならない。

また、毎日継続して行わなければならない為、そこに不安を覚える人も多い。

ただし、患者側からしてみれば、花粉症の辛さと比較して希望する人が多く増えてきている。

そして治療の開始は、思い立ったらいつでも始められるというわけにはいかない。

杉の花粉が飛んでいる時期は、(住んでいる場所で異なるので要注意)更に杉のエキスを追加しても、副作用が出る可能性が高くなり、治療を中断する可能性が生じる。そのため、花粉が飛んでいない時期から始めることになる。治療を開始すれば、花粉が飛んでいる時期も関係なく、毎日ベロの下に垂らし続ければ良く、開始時期んは、十分気を付ける必要がある。

 

これからの舌下免疫療法

現在、舌下免疫療法はスギ花粉だけが対象のため、ヒノキやハウスダスト、ダニといった、他の原因も並行してあるような場合、杉にのみ効果があるということになる。

また対象の年齢があり、12歳以上で65歳までとなっている。小さい子供や、お年寄りなどは、どうしてもアレルゲンを入れるので、反応が大きく出たら、困ることになる。

この治療が、うまくいき、緩和されるようになると、広く普及する可能性がある。

副作用は、やはりショック状態が不安視される。自分のカラダに削ぐらない、負担になっているものをカラダに入れるため、予測のつかないような事態が生じるかもしれない。

この舌下免疫療法を行うにあたっては、講習を受けて、さらに試験を受けて、初めて使えるような状態になるため、医師も限られる。

ショック状態だと、同じように咳が出ることがあり、喘息の発作がおきたり、蕁麻疹みたいになったりとか、呼吸が苦しくなるほど、大きな症状になる。

他に、口内にエキスを垂らすため、口内炎みたいになったり、ちょっとただれていたりということがある。

副作用が、少しでも出るのであれば、かかりつけの医者にすぐに報告する必要がある。

保険対応の治療なので、今後医療が進歩すれば、ハウスダストやダニなどに対する治療法も確立されていく可能性がある。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メニュー

免責事項

※当サイトは生理と便秘と肌荒れの関係についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。 生理と便秘と肌荒れの関係には個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。