TOP >> ホルモンバランスと肌荒れ

スポンサーリンク

ホルモンバランスと肌荒れ

女性は男性と違い、ホルモンの作用によってその日の体調が左右されるといっても過言ではありません。

生理開始からその月に排卵する予定である1つの卵子が少しずつ大きくなりますが、卵子の成長に必要なホルモンはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンです。

 

エストロゲンが肌荒れを抑制

エストロゲンは別名女性ホルモンとも呼ばれており、女性らしい体を作る為には必要なものですが、年齢とともに低下する傾向にあり、更年期に近づくと極端に低下します。

エストロゲンは排卵直前までにピークに達し、その頃は一般的に肌荒れも少なく、活力も出て来る時期と言われています。

 

プロゲステロンは肌に不快

また、排卵後から生理開始までに分泌が多くなるホルモンをプロゲステロンと言い、こちらは飛び出した卵子が精子と受精した場合、うまく子宮に着床するように子宮内の内膜を厚くして生理を起こさせない様にするホルモンですが、肌にとっては不快なホルモンとも言えるかもしれません。

 

肌荒れの原因 黄体ホルモン

肌荒れやニキビが増えたり胸がはったり、イライラするのは、黄体ホルモンが活発になっている場合が多いのです。

ですから、もし肌荒れを感じる場合は、自分が今生理周期のどの当たりにいるのか常に認識しておくと慌てる事も少なくてすみますが、稀に排卵が上手く行われていなかったり生理周期が乱れている場合は、ホルモンバランスが崩れて肌の調子が長期間に渡って

良くないこともあります。

婦人科の受診

女性にとって生理が肌の調子を見るバロメーターになりますから、酷いニキビがあったり肌荒れやシミが気になって来たという方は、皮膚科も良いですが、体の中の原因を探る為に婦人科を受診してみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メニュー

免責事項

※当サイトは生理と便秘と肌荒れの関係についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。 生理と便秘と肌荒れの関係には個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。