TOP >> 寝不足と肌荒れ

スポンサーリンク

寝不足と肌荒れ

肌荒れを克服するポイントに、生活習慣を見直すということがあげられますが、肌の表面からいくら美肌効果のあるクリームなどを塗っても、その内部のホルモンのバランスが崩れているとなかなか改善しないのです。

例えば、荒れた田んぼにいくら良い栄養分を与えても良い穀物が出来ないことと同じで先ずは肌の内部を良い方向に変化させることを考えましょう。

 

肌の調子を整える早寝早起き

肌の調子を整える一番簡単な方法は、早寝早起きを心がける事なのです。

なんだそんなことか、と思いがちですが、睡眠の質や長さや時間帯がずれてしまうことで肌の生まれ変わりには必須と言われている、成長ホルモンが分泌されにくくなったり、極端にその量が減ってしまうのです。

成長ホルモンが便秘やニキビを改善

成長ホルモンは、肌だけでなく体内の調子も整えるため、例えば腸の動きを正常化して、ニキビの原因となる便秘等を改善したり適切な血液循環に近づける事で、クマやくすみの原因ともなる、冷えや疲れなどを改善する働きがあるのです。

また、肌や体、内臓などに受けたダメージや破損箇所を修復する力がありますから、きちんと寝ているだけで美しく健康になることが出来るのです。

 

良い睡眠の時間帯

しかし、睡眠が大切だからといって、いつでも寝て良いかというとそうでもなく、成長ホルモンが一番活発になる時間帯の午後10時から午前2時までの間に就寝しましょう。

睡眠中に何度も目覚めてしまったり、寝付きが悪い方は、寝具が自分に合っているか見直してみたり安眠効果のあるスイートオレンジの精油を枕元に置いたりなどすると良いですよ。

 

寝不足はホルモンバランスを崩すことにつながります。睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が滞り、ニキビの原因となり便秘によって肌荒れを促進してしまいます。

正しい時間に寝ることによって、成長ホルモンの分泌を促し、肌の調子を整えましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メニュー

免責事項

※当サイトは生理と便秘と肌荒れの関係についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。 生理と便秘と肌荒れの関係には個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。