TOP >> お菓子で肌荒れはなぜ?

スポンサーリンク

お菓子の食べ過ぎは肌荒れの原因

女性であれば、3時のおやつや食後のデザートは別腹という意見が大多数だと思いますが、お菓子を食べ過ぎてしまうと、ニキビや肌荒れの原因にもなるのです。もちろん、お菓子だけでなく、それ以外の食生活や体調、ホルモンバランスやストレスなどたくさんの肌荒れの要因がありますので、一概にお菓子だけ止めれば肌が改善されるということでもありません。

 

肌荒れ解消はカラダの中から

外食が多く、乱れた食生活を長期間続けていたり、お菓子をたくさん食べたと自覚されている方は、まずはそれらを減らして、肌がどうなるのか様子をみてみましょう。

いくら外側から良いコスメや基礎化粧品を使っていても、肌内部のコンディションが悪ければ良くなるばかりか、肌荒れが悪化することもあるのです。

 

お菓子の中に含まれている白砂糖は、黒糖や蜂蜜と成分が大きく異なり、体に必要なミネラルが一切含まれておらず、例え少量でも分解するときに大きなエネルギーが使われること、また、消化の段階で悪玉菌をたくさん増やしてしまうため、古い肌から新しい肌へと生まれ変わろうとするとき、内部から影響を与えるため、ニキビや吹き出物が出来やすいダメージ肌が生まれてしまうのです。

肌荒れを解消するには、摂取する物、食事等に気を配りカラダの中から改善していくといいでしょう。

 

お菓子で肌荒れの元凶

多くのお菓子には、糖質が大量に含まれていることが多く、食べ過ぎるということは砂糖を大量に摂取したということになります。

砂糖を多く摂取すると、ニキビの原因となる皮脂分泌が異常に活性化してしまうため、肌の表面にある皮脂を好む細菌が増殖し、毛穴の中の汚れと混じり合いニキビになるという訳です。

さらに、女性の場合は、白砂糖の過剰摂取によってイライラしたりホルモンバランスが崩れて生理痛が酷くなる場合もありますので、出来るだけ控えたほうが懸命です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メニュー

免責事項

※当サイトは生理と便秘と肌荒れの関係についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。 生理と便秘と肌荒れの関係には個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。